クレジットカード審査で落ちる理由を考える

クレジットカードの審査で落ちる理由の多くは、金融事故経験者や申込ブラックです。
しかし、それ以外であっても収入が少ないのに余りに多くのクレジットカードを作るとやはり審査で落ちる理由になります。
もっとも、利用実績がないクレジットカードが多くあっても問題になることは少なく、やはり一番落ちる理由となるのは、利用残高が多すぎる場合です。
融資の審査同様に、クレジットカードでも与信枠の設定はしています。
与信枠の設定をする際のキーは、収入と利用残高です。
クレジットカードの枚数が少なくても、利用残高が多すぎると信販会社としては支払不能の可能性があるという事で警戒します。
結果としてそのことがクレジットカードの審査で落ちる理由となるのです。