シミ対策には紫外線をカットし日焼け予防をするのが効果的です!

日焼けを紫外線によってするとことで、どんな悪影響を肌に与えるのでしょうか。
日焼けをすると、メラニンという色素が肌を茶色くして紫外線から肌を守ろうとします。
メラニンは、28日ごとにターンオーバーという肌の生まれ変わりの時に、剥がれ落ちていきます。
新陳代謝が年齢を重ねていくごとに悪くなったり、メラニンが他の理由によってうまく剥がれ落ちなかったことによって、シミとなってしまうのです。
日焼けはシミだけではなく、皮膚細胞に紫外線が攻撃することによって老化して、癌などの原因にもなります。
一般的に日本人の肌は、白人よりも皮膚がんなどになりにくいそうですが、最近は皮膚がんにかかる人が増えていますので注意が必要です。
紫外線はしわの原因にもなるといわれています。
日焼けすると真皮層にあるコラーゲンや、そしてエラスチンと呼ばれる弾力腺維がダメージを受けます。
コラーゲンとエラスチンが保ってくれているのが、皮膚の弾力と張りです。
コラーゲンとエラスチンが傷つくことがしわの原因です。
日焼けを、過度に紫外線を浴びてする事は、肌にはあまり良いことは言えないでしょう。
しっかりと日差しが夏ほど強くない季節も紫外線対策をして日焼けをしないようにしなければなりません。
ドクターシーラボゲル評判悪い?シミの効果ガチ実証!【写真付き】