楽天銀行の住宅ローン相談に持参するものは?

楽天銀行の住宅ローン相談無料をする場合には、契約者となる人の前年度の収入を資料として持って行く必要まではないものの、正確な金額を把握しておくことは大切です。
住宅ローンを組む時に前年度の収入が必要になるのは、住宅ローンを組む時に返済負担率が関係してくるからです。
返済負担率は年収の30%までに抑えておくと良いと言われています。
それで、これが住宅ローンの審査の一つの基準にもなるわけで、物件の購入金額と年収の返済負担率が30%以下に抑えることができれば、審査にも通りやすくなりますし、将来返済していくのも家計を圧迫せずに安定して返済をしていくことができます。
楽天銀行の住宅ローン相談無料に行く際には前年度の正確な収入を把握しておきましょう。
住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】